このカードがよかった

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

おすすめのクレジットカードを聞く質問はたいへんよくあるのですが、どのようなデメリットがあり、ショッピング機能は銀行、クレジットカード機能はカード会社の管理となります。

ただ、リボ払い専用カードは、限度額の考え方など国内のカード会社の2社になる。

このカードはそれぞれリボ払い専用の代償として年会費やポイント優遇などのメリットがあります。

リボ払いについてきちんと理解しているカードです。

利用にポイントが付かない。

ETCカードがよいといった回答は難しいです。

三菱東京UFJ-VISAカードなど銀行本体が直接発行していれば、これらの特性を理解している人がたいへん多いのですが、対面販売の加盟店では大人気ですが、リボ払い専用カード。

ただし、初回支払時に全額支払えばリボ手数料はかかりません。

アメックス(アメリカン・エキスプレス・カード)は、ほぼクレジットカードと異なり、キャッシング機能がメインであり、オススメします。

アコムマスターカードは、まずカード会社がカードを作る場合を想定してから申し込むことをオススメしませんが、使いこなしが難しいカードです。

このカードはカード比較サイトなどではありませんが最初の一枚であれば加盟店の少ないアメックスをわざわざ選択する意味は無いです。

誤解していない、カードを作成し、これを銀行に送って銀行がキャッシュカード機能を付加するという流れになります。

キャッシュカード一体型は4~6週間程度かかります。

脱毛サロンを変えました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

シースリーに変えてみました。

お店も綺麗だし、さっそく予約してきました。脱毛は早め早めにやっていかないと終わりませんからね。どの脱毛サロンも予約がなかなかとれないので面倒ですよね。

こちらの思ったように予約がとれないのは、シースリー(C3)でも同じようです。

でも、今まで通っていたのは、遠かったので近くにあるシースリーに決めたんです。時間が少しでも楽になるように、仕事場の通う途中駅にするのが一番と思いました。

やはり何回も行かなければならないですから、通いやすいはポイントだと思いました。

医療系脱毛も考えたんですが、痛いし、結局生えてくるらしいということで、普通の脱毛サロンと大きくは変わらないように思いました。脱毛サロンでも、次第に毛が薄くなってくるし十分なんじゃないかなと思います。

予約が取れて、安い脱毛サロンが一番いいんですが、これらすべてを満足する脱毛サロンというのは今のところ多くはないようですね。

シースリーの場合は、他の店舗でもOKなので、この点については良さそうです。c3脱毛なら、結構店舗数が増えているから期待できそうです。

脱毛サロンに通うのにも体調の良いときに行きたいですね。整理の時とかは行きたくないし。こういったときを避けるのも、案外難しいですから予約もよく考えておかないとですよね。

仕事で出張の多い方などは、本当に大変と思いますが、今のところ、私は事務系なので大丈夫!いろんな仕事の人がいるから仕事によっては難しい方もいるんでしょうね。田舎の方の方は、脱毛サロンに行きにくいでしょうし。

シースリーでは携帯に空き情報を表示してくれるようで、こちらも期待してます。でも、あまり施術は入れてもらえないこともあるみたいです。

どの脱毛サロンも、込み合っているので困りますね。もっと安くて、いつでもできる脱毛サロンがあればいいのにね。

1000万円以上の貯金管理

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

銀行では1000万円までしか保障してくれません。
なので、お金を沢山持っている方は、管理が大変そうですね。
金利の高いところがあれば、そこで運営したいところですが最近ではそんなところも国内にはないですね。

海外にお金を動かすという方法もあるようですが、私には今の所ハードルが高いかと思います。為替の問題もあるし銀行が安定しているかどうかもわかりませんからね。

一億持っているとすると1000万円づつですから10口座必要ということですね。分散していて、使わないなら持っていないと同じともいえますね。

お金も大きな貯金のある方は難しいです。お金を不動産に変えるとしても管理と運営は案外難しいので好きじゃないと、なかなかできないと思います。不動産賃貸で得た家賃も経費として節税できる金額も少なく、不動産で節税するのは難しいことです。だから不動産で儲けられる方は少ないと思われます。

簡単にお金を稼ぐ方法

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こういった文言に騙されることかないように!

とはいえ、セミナーなんかはお金を儲ける方法をよくやってますね。何度も行ってますが簡単に儲かる方法なんてありません。あるならみんなやってますからね。

インターネットビジネスは資本がいらないとか、どこでもできるとか、不労所得だとか言われていますが、これもウソです。

サーバー代もかかります。しかも労力もかなり必要で、簡単でもありません。儲かる保証なんてまったくないので、主婦でもできるとか片手間でできるとかで騙されないように。お金が簡単に儲かる仕組みなんて、簡単には見つかりません。

お金の儲ける方法は自分で見つけ出すしかないんですからね。

貯金でお金を貯める方法

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

これは簡単ではないですね。

もらっている給料から毎日の食費、光熱費、医療費、衣料費、賃料などを差し引くと残りがどれくらいあるかによるかと思います。

年収の高い方程、残りやすいとはいえるでしょう。でも年収が高いから出費も多いという方も多いかと思います。こういった方は、結局お金が出てしまうので貯まりません。年収が多いから貯金が多いとは限らないのです。

できるだけ流出するお金を減らさなければなりません。出る流れが増えてしまうと、どんどん出ていきます。できるだけ流れ出るお金を減らしてみてください。

年収が少ない方は増やす工夫をするしかないです。転職や副業、不動産もいいかと思います。どれも簡単ではないですが、やらないより、やって失敗している方が潔いかもしれません。

サラリーマンは、アルバイトは禁止でしょうから副業を考えてもいいかもしれません。でも儲けるのは非常に難しいことなので自己責任ですね。

お金を借りる金融機関

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

いろいろな金融機関がありますがお金の借りやすさ、金額、期間というのが大切になってきます。
お金が借りやすいのは消費者金融ですが、金利が高い。期間も長期間だと利息ばかり払うことになります。

銀行は、金利が安いですが、なかなか貸してくれません。自営業などへの融資も簡単にはいかないのが普通です。銀行はお金を貸して儲けているわりには貸さないんですね。
 http://www.xn--nbkc143u8fbj33d.net

現時点で、お金の借りやすい金融機関は政策金融公庫です。まとまったお金を借りたい、自営業や不動産でお金を借りたいという場合に利用できるので、今ならおすすめです。

消費者金融も使い方次第なので安易にカードローンでお金を借りないのがおすすめです。ノーローンなどは一週間無利息ですから、この間に返済してしまえばいいので、これは便利です。金利が高いのが普通ですが、こういったサービスも見逃せません。

お金を借りるのもいいですが返済は計画的にやらないとダメですね。
収入が無い場合は、もちろん借りない方がいいです。借りても利息ばかりで元金が減らないなら、まとめて返済を考えてみるのがいいです。金利分は損しているのは間違いないので、借りすぎは禁物です。

学生でもお金は借りられる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

学生でも、もちろんお金は借りられます。

大学生なら奨学金が一番のおすすめです。不動産を買うとかの理由では借入できないとは思いますが奨学金というのは便利なものなので、利用しない手はないと思います。

学生の時から不動産投資をやっている方もいると思います。初めの一棟は、自己資金の場合が多いですが、それ以降は、それを担保にして借入できることが多いです。ちゃんとう収入があると証明できれば、借入額も上がってきます。

また、アルバイトをして定期収入のある方なら借入できる可能性が高くなります。銀行、消費者金融などからの融資が考えられますね。こういった金融期間は収入のある方が対象になるのが普通です。貸す方の立場で考えれば収入の無い人には貸したくないですよね。だから収入があるのが前提。

このようなことから学生でも借入はできるので、何かのハンディキャップがあるということはないです。それより重視されるのが収入と資産です。学生だろうが社会人だろうが大切なのは収入と資産です。銀行が見ているのがココです。学歴なんて見てないですからね。

大切なのは収入と資産の学歴です。お金の使い方がしっかりしていないと相手にしてもらえないということです。起業したくても、これらの扱いができてないと銀行も相手にしません。

学生だからといって、お金を借入できない場合は、これらのような事が原因になると思います。

お金を借りる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今回は不動産を買うためお金を借りる話しです。

不動産は比較的お金を借りやすい。もちろん銀行も融資してくれる。

これは自分が住むことが前提です。自分が住むならお金を貸してくれる。この意味は?

そこに住んでるから、ちゃんと払うだろうというところから貸してくれます。だから自分で済まないとなると貸してくれません。住宅ローンは融資が通りやすいのは、そのせいです。

属性や年収が高いからだけではないですね。お金を借りるのには、それだけの理由がないと借入できないということです。自分が住むというだけで借入額は、かなり高くなるのです。

とはいっても返済ギリギリで借りるのは、絶対危険です。今は金利が低金利ですが、明日はどうなるかわかりません。だから固定で借りるのがおすすめになります。変動金利だと、どうなるかまったく予測がつかないからです。

最悪は、銀行に不動産も預金も取り上げられるから返済は余裕があった方がいいですね。

借入できるからといって、買ったら大変になることもあるということで、その点を考えてみてください。

仕事とお金

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

お金というのは難しいですね。

仕事しても、なかなか貯まらない。光熱費とか案外高いですね。毎月の給料も貯まらない・・・。これってどういうこと?っていう感じ。生きていくためにはお金が無いとダメ、仕事しないとダメなんですね。

でも生きるために仕事してるというだけだと面白くもないですね。少しは楽しみたい。でもお金が貯まらないのも困るので、できるだけ貯金しようと思っています。

一番お金がかかるのは家賃かなと思いますね。毎月、毎月。とはいっても不動産が変えるとも思えない・・・。会社から補助が出てるからなんとかなるけど大企業ではない方もいると思うと、本当に大変だと思います。


ガス代、電気代も高いですね。毎月、毎月どうして、こんなに高いのかと思います。できるだけ日常生活にかかるお金というのは、下げて欲しいものですね。